• Takashi Mikawa

相続する不動産に抵当権が付いていた場合の対処法とは?


お役立ち情報

住宅購入の際、購入資金を銀行から借りて、その住宅に抵当権を設定するのが一般的です。

それにより、購入者はその住宅に住みながら返済ができ、銀行は購入者が住宅ローンを返済できない場合に住宅を強制的に売却し、債務の回収に充当します。

しかし、抵当権の設定された住宅に相続が発生した場合、どうしたら良いのでしょうか。

ここでは、抵当権付きの不動産を相続するケースについて解説します。


詳しくは不動産売却サイトをご覧下さい。 →→→→ https://www.create-mc24.net/blog/entry-346326/

 

私たちクリエイトホームズ宮城中央店は、仙台市を中心として仲介・買取りや建売分譲・土地分譲などの不動産業、注文住宅やリフォーム・リノベーションの建築業など、不動産のみならず、建築に関する実績と知識が豊富な会社をおこなっております。


住まいに関する情報で気になる点がございましたら、ぜひご相談ください。

弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

お問合せ

閲覧数:1回0件のコメント