top of page

不動産購入に最適な時期は?統計データやライフイベントから解説


一生で一番高い買い物といわれるマイホームを購入するにあたり、購入のタイミングに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ほかの方がどのタイミングで家を購入しているのかを統計情報やライフイベントの観点からご紹介します。

不動産購入のベストタイミングを見定めるための参考にしてください。


統計情報に見る不動産購入に最適な時期は?

まずは統計データから、不動産購入者の平均年齢や年収を見ていきます。

国土交通省「令和元年度住宅市場動向調査」によると、不動産購入者の平均年齢は分譲戸建住宅で36.8歳、分譲マンションで39.4歳、中古マンションで44.8歳です。

多くの住宅ローンでは完済時の年齢を80歳に設定していることから、35年の住宅ローンを組むには30代後半から40代前半で購入するのがリミットといえるでしょう。

一方、不動産購入者の平均世帯年収は分譲戸建住宅で688万円、分譲マンションで798万円です。

住宅ローンの年間返済額の平均は約115万円なので、世帯で700万円ほどの収入があれば、生活費や教育費などの支出を考慮したうえで無理のない返済計画を立てられるでしょう。


ライフイベントに見る不動産購入に最適な時期は?

マイホームを購入する時期や理由は人によって異なりますが、ライフイベントを契機として購入を検討する方が多い傾向にあります。

たとえば結婚を機に単身から夫婦2人暮らしとなったことで、新居の購入に踏み切る方は多いでしょう。

夫婦の収入を合算すれば借り入れ可能額を増やせるため、より希望に近い家を購入できます。

若いうちから住宅ローンを組むことで、早期に返済できる点もメリットです。

また、子どもが生まれて家が手狭になったことをきっかけとしてマイホームを購入する方も多くいます。

この場合は、子育てや子どもの教育環境を考慮してエリアを選べるメリットがあります。


不動産購入前に考えるべきポイントは?

マイホームの購入にあたってまず考えるべきポイントは、住宅の種類です。

一口に住宅といっても、新築一戸建てや新築マンション、中古一戸建て、中古マンションなど種類はさまざまです。

物件によって費用はまったく異なるため、それぞれのメリットとデメリットを踏まえたうえで検討しましょう。

また、マイホームの購入費と収入を照らし合わせることも重要です。

国土交通省のデータによると、不動産の購入価格の平均は分譲マンションで約4,500万円、分譲戸建住宅で約4,000万円です。

頭金をいくら用意できるのか、住宅ローンはいくら借りるかなどを検討し、生活に支障をきたさない返済計画を立てましょう。


まとめ

不動産購入者の平均年齢は30代後半~40代前半であり、結婚や出産などのライフイベントを契機にマイホームを購入する方が多い傾向にあります。

しかし、マイホームを購入する最適な時期は人によってさまざまです。

将来の人生設計をしっかりと立てたうえで、自身にとってのベストタイミングを見極めましょう。

 

私たちクリエイトホームズ宮城中央店は、仙台市を中心として仲介・買取りや建売分譲・土地分譲などの不動産業、注文住宅やリフォーム・リノベーションの建築業など、不動産のみならず、建築に関する実績と知識が豊富な会社をおこなっております。


住まいに関する情報で気になる点がございましたら、ぜひご相談ください。

弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓



閲覧数:28回0件のコメント

Comments


bottom of page