勘から科学へ。ご家族に本当の安心をお届けいたします。

丈夫な家を造ることは、まずその土地の強さ・特徴を知ることから始まります。
みなさまの安心な住まいづくりのために、事前に入念な調査をした上で

頑丈な地盤・基礎を構築し、建物を建て始めます。

地盤調査

解  析

報  告

対  策

10年保証

地盤サポートシステム

01

STRUCTURE

クリエイトホームズではお客様の大切なお住まいを不同沈下から守るため、地盤解析No.1の実績を持つジャパンホームシールド株式会社と提携し、 お引き渡し日から10年間品質保証が受けられるシステムを導入しています。

​地盤調査と、その結果に基づいた入念な基礎設計により、頑丈な安心できる基礎が出来上がります。

工事着手前は、地盤調査をします。

確かな土質データをとるSDS®試験

SDS®試験とは、土質をより正確に判断し、的確な地盤評価を支援するための新しい試験法です。

一般的なSWS試験にSDS®試験を組み合わせることで、土質を加味したより高精度な地盤の評価が可能になりました。

地盤サポートシステム
地盤改良工事を行います。

「疑わしきは地盤補強」をなくし、根拠が明確な地盤対策を提供

ジャパンホームシールド株式会社は、地盤工事会社から分離している独立した解析専門会社。

正確な調査データをもとに、地形図等の多角的データと膨大な過去データによって客観的で精度の高い解析を行います。

さらに、基礎・地業の提案は、一般工法からエコ工法まで多種多様の対策方法の中から選択。品質面でもコスト面でもそれぞれの物件に最適な提案をお届けしています。

内側に見えるのが断熱材です。

基礎断熱工法(ベタ基礎)

02

STRUCTURE

structure002.jpg.jpg

クリエイトホームズでは、基礎内部を室内と考える「基礎断熱工法」を採用しています。

基礎断熱工法を採用することで、室内の気密性能を向上させ、年間を通して13~15℃という安定した温度を保つ地熱が有効利用ができます。
床板の下に断熱材がなく、通年安定した温度に保たれるので、極端に言うと1階のほとんどの床下を床下収納として使用することも可能です。

また、床板の下に断熱材がないので、メンテナンスも容易になります。

床下の冷気の影響を受けやすい。
地熱エネルギーの影響を受ける。

木造軸組・モノコック工法

03

STRUCTURE

structure06.jpg.jpg

モノコック構造モデル 

クリエイトホームズでは「木造軸組・モノコック工法」を標準採用しております。
巨大地震の際、住まいには瞬間的に10tもの力がかかることがあります。その力をもっとも安全・確実に受け止められるよう、構造躯体には強靭な箱型に仕上げる「モノコック構造」を採用しました。柱・梁・土台を、構造用のパネルで一体化。地震などの外力を、建物全体に分散させて、高い耐震性能を発揮します。

​木 造 軸 組

昔ながらの、木造軸組工法を採用。
このままでは、外力が接合部に集中する為、ゆがみや変形が発生しやすい。

木造軸組み.png
structure01.jpg.jpg

モノコック工法

外周面に構造用合板を配置。
「木造軸組・モノコック工法」を標準採用。
合板を配置する事で面で外力を受けるため

バランスよく分散し変形しにくい。

モノコック.png
structure01.jpg