• Takashi Mikawa

不動産相続時に検認が必要なケースとは?検認の流れと必要書類も解説!


お役立ち情報

相続により不動産を引き継ぐ際に、故人の遺言書が見つかったときには、遺産分割協議を開く前に「検認」と呼ばれる手続きをおこないます。

手続きを怠り、勝手に遺言書を開封してしまうと5万円以下の過料に処される可能性があります。

そこで、遺言書を伴う不動産相続時に知っておきたい検認について解説しますので、今後の参考にしてください。


詳しくは不動産売却サイトをご覧下さい。 →→→→ https://www.create-mc24.net/blog/entry-345134/

 

私たちクリエイトホームズ宮城中央店は、仙台市を中心として仲介・買取りや建売分譲・土地分譲などの不動産業、注文住宅やリフォーム・リノベーションの建築業など、不動産のみならず、建築に関する実績と知識が豊富な会社をおこなっております。


住まいに関する情報で気になる点がございましたら、ぜひご相談ください。

弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

お問合せ

閲覧数:0回0件のコメント