• Takashi Mikawa

ヴィンテージマンションとは?その定義と魅力についてご紹介!


築年数が経過するごとに価値が下がるというのが不動産の常識ですが、ヴィンテージマンションはその常識を覆す魅力あふれる物件です。

今回は、今再び注目が集まっているヴィンテージマンションについて、ヴィンテージマンションとはどのような物件なのか、その定義と魅力についてご紹介します。


ヴィンテージマンションとは?

通常、中古住宅は、時間の経過とともに市場価値が下がっていくものです。

しかし、ヴィンテージマンションと定義されるごく一部の物件は、築年数が経過しても年々価値が高まっていくという、まさに不動産の常識を覆す存在なのです。

都市部の人気エリアにあるヴィンテージマンションや、全国的に知名度の高いヴィンテージマンションのなかには、築年数が50年を超えているにもかかわらず値上がりを続ける物件もあるほどです。

実際のところ、「ヴィンテージマンションとはこれ」という明確な定義はありませんが、ヴィンテージマンションとされる物件を見ると、以下の傾向が見られます。

  • 築年数が20年以上

  • 著名な建築家が手がけた建築物がある

  • デザイン性や居住性にこだわりが感じられるもの

  • 利便性の高いエリアにあること

単に古いだけではなく、人を惹き付ける魅力を有することがヴィンテージマンションの要件と言えそうです。


ヴィンテージマンションの魅力は?

おそらく誰もが一度は、ヴィンテージマンションという言葉を耳にしたことがあるかと思います。

ヴィンテージマンションの魅力はやはり、ほかのマンションとは一線を画すレトロな外観デザインや個性的な住戸のつくりでしょう。

人気のヴィンテージマンションでは、単身世帯向きや二人暮らし世帯向きの小ぶりな住戸から開放感にあふれる大型住戸まで、独立性を意識したさまざまなスタイルの住戸が見られます。

また、ヴィンテージマンションは、東京都心の一等地や人気住宅地など、利便性が高いエリアに位置するものが多い点も魅力と言えるでしょう。

最近は、住戸内に大規模なリノベーションをほどこしてから中古住宅として売り出していることも多くあるため、築年数には比例しない住み心地が味わえるのもうれしいポイントです。

隠れファンが多いヴィンテージマンションに出会うためには、家を探すタイミングも大切になります。

ぜひ、いろいろな物件に足を運び、そのヴィンテージマンションならではの魅力を見つけてみてください。


まとめ

はっきりとした定義のないヴィンテージマンションですが、憧れの中古住宅とも言われるほど人気が高く魅力ある物件です。

レトロなたたずまいのほか、利便性の高さも魅力となっていることが多いため、ぜひ一度足を運んでチェックしてみてはいかがでしょう。


クリエイトホームズでも、利便性の高いエリアでの中古マンション販売をしておりました。

不動産情報をご覧頂きたい場合は、物件情報をクリックして下さい↓



 

私たちクリエイトホームズ宮城中央店は、仙台市を中心として仲介・買取りや建売分譲・土地分譲などの不動産業、注文住宅やリフォーム・リノベーションの建築業など、不動産のみならず、建築に関する実績と知識が豊富な会社をおこなっております。


住まいに関する情報で気になる点がございましたら、ぜひご相談ください。

弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓