• Takashi Mikawa

家の購入にペアローンはおすすめ?ペアローンのメリット・デメリット


家を購入するタイミングは、昇進、結婚、出産、子育てのタイミングなど、人それぞれ。 でも、20年や30年と返済期間が続く住宅ローンは、後悔することのないようにしっかりとメリットとデメリットをおさえて選びたいですよね。 ここでは、近年増加傾向にあるとされる「ペアローン」について、くわしく見ていきます。


家の購入は住宅ローンの見極めが大事!そもそもペアローンの特徴

近年のスタンダードとなりつつある共働き家庭。

2人分の安定した収入があるご家庭では、マイホームとなる家の購入を検討するときに、ペアローンや収入合算型にカテゴライズされる連帯債務型と連帯保証型などの住宅ローンを検討することが多いのではないでしょうか?

ペアローンは、住宅ローンの借入額を希望額に増やしたいとき、パートナーとこれからも共働きで家計を支えることを前提としているときに検討されることが多い住宅ローンです。

お互いが別々に住宅ローンを組むため、結果的に、2本の住宅ローンを契約した後にそれぞれが返済をおこなっていくという形になります。


税制面の恩恵がたくさん!ペアローンを家を購入するメリット

ペアローンで家を購入するときは、住宅ローンの借入額が増え、よりよい住宅の購入が検討できる点、住宅の所有権が共有名義となる点が代表的なメリット。

また、2人がそれぞれに、住宅借入金等特別控除(いわゆる住宅ローン控除や住宅ローン減税)の利用が可能になる点、さらに諸条件を満たすことで、認定長期優良住宅に関する特例措置、認定低炭素住宅に関する特例措置などの控除制度を利用できることもメリットと言えるでしょう。


しっかり検討しよう!ペアローンで家を購入するデメリット

よく知られるペアローンのデメリットとしてあげられるのは、住宅ローンの契約が2本となることからくる各種費用の負担。

住宅ローンを契約するときに発生する印紙税や事務手数料のほか、繰り上げ返済手数料などもしっかりと考慮しておきましょう。

また、お互いが団体信用生命保険に加入することになるため、借入時の健康状態も大切になってきますし、どちらかが退職するするときの返済リスク、どちらかに不幸があったときに住宅ローンが完済できなくなるリスクなども、ペアローンならではの注意点となります。


まとめ

家の購入に適したタイミングや家の購入に利用する住宅ローンは、ひとつひとつの家庭で理想の形が異なります。

ぜひ、今回の記事で得た情報や国土交通省の公式情報などを参考に、ペアローンを利用して家を購入するメリットとデメリットを話し合い、より自分たちにリスクが少ない形でマイホーム購入ができるように検討されることをおすすめします。

 

私たちクリエイトホームズ宮城中央店は、仙台市を中心として仲介・買取りや建売分譲・土地分譲などの不動産業、注文住宅やリフォーム・リノベーションの建築業など、不動産のみならず、建築に関する実績と知識が豊富な会社をおこなっております。


住まいに関する情報で気になる点がございましたら、ぜひご相談ください。

弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓