• Takashi Mikawa

建物構造が鉄筋コンクリート造である場合のポイントについて


マイホーム購入のために家探しをしていると、建物構造についての表記を目にすることが少なくありません。

建物構造には、木造や軽量鉄骨造、重量鉄骨造などさまざまなものがあります。

今回は、複数ある建物構造の中から鉄筋コンクリート造についてのポイントを解説していきます。


建物構造が鉄筋コンクリート造のメリットについて解説

RC造と呼ばれることもある鉄筋コンクリート造の建物構造には次のようなメリットがあります。


遮音性に優れている

他の構造と比較して遮音性が高いため、ドアを開け閉めする音や室内を歩く足音をはじめとした生活音が気になりにくい特徴があります。


気密性に優れている

気密性の点でも他の構造と比較すると優れており、すきまがほとんどないので冷暖房が効きやすいというのがメリットです。


デザイン性に優れている

塗装やタイル、石の貼り付け、コンクリートの打ちっ放しなど、さまざまな表面加工ができ、設計の自由度が高い点が大きな魅力です。


耐震性・耐火性に優れている

木造をはじめとした他の建物構造と比較して強度が強いため地震の揺れに強く、また、高温に耐えられるため耐火性もあります。


建物構造が鉄筋コンクリート造のデメリットについて解説

一方、鉄筋コンクリート造には、いくつかのデメリットがあることも覚えておきましょう。

重さがある鉄筋コンクリート造は、その重みに耐えられる土地を選んだり追加の工事が必要になったりするため、建築費用が高くなる可能性があります。

また、メリットである気密性の高さが通気性を悪くさせてしまうので、結露やカビが発生しやすいというデメリットがあります。

近年生活必需品となりつつあるWi-Fiですが、この構造は電波を通しにくい性質があるため、モバイルWi-Fiの電波が入りにくい点に注意が必要です。

他にも、床の固さや夏に暑く、冬に寒い、隣家との壁の状態によって防音効果がない場合があるなど、生活をしていく中で気付くデメリットもあります。


鉄筋コンクリート造の建物構造がおすすめなのはどんな人?

建物の構造が鉄筋コンクリート造の家に住むことがおすすめの人や状況についてご紹介していきましょう。

近隣住民の生活音や外の音が気になる方、音に敏感な方は他の構造と比較して防音性が高いコンクリート造が適しています。

また、地震や火事の際にも影響が少ない構造なので、安全性にこだわる方、さらに経済的に余裕のある方におすすめです。

モバイルWi-Fiの中でもLTEモバイル回線は比較的繋がりやすいので、鉄筋コンクリート造の建物で暮らす場合には、こちらの使用を検討しても良いでしょう。


まとめ

建物構造が鉄筋コンクリート造の場合、他の建物と比較して遮音性や気密性、デザイン性に優れているというメリットがあります。

一方、費用が高い点やモバイルWi-Fiの電波が入りにくいなど、デメリットがあることにも注意が必要です。

メリットとデメリットを把握して、どのような建物構造が自分に適しているか検討しましょう。