top of page

エアコンの選び方!購入前の確認内容・サイズ・注意点についてご紹介


エアコンを購入する際には、どんなエアコンにすれば良いかお悩みの方もいるのではないでしょうか。

購入してから後悔しないために、エアコン選びは慎重におこなう必要があります。

この記事では、エアコン購入前に確認する内容やサイズの選び方、注意点についてご紹介します。

エアコンの選び方①購入前の確認内容

エアコンを購入する前に「室内機」「室外機」「コンセント」について確認しましょう。


室内機

多くの家庭では、室内機は壁に取り付けるタイプのものを使用します。

取り付けるスペースがないと、せっかく購入したエアコンを使用できません。

一般的に、室内機は天井から5~10cm、左右に5cm以上、下に10cmの間隔が必要されており、取り付け場所の寸法を確認しておきましょう。


室外機

室外機も同様に、設置できるスペースがあるかを確認しましょう。

前方25cm以上、後方5cm以上、左右5~10cm以上の間隔が必要と言われています。


コンセント

コンセントの形状は、エアコンのメーカーや機種によって異なります。

コンセントの変更工事が必要な場合があるため、忘れずに確認しましょう。


エアコンの選び方②サイズ

エアコンのサイズ選びで確認する内容は、部屋の「畳数」です。

畳数に対して、小さいサイズのエアコンを使用すると「エアコンが効きにくい」「負荷がかかり故障しやすい」などの問題が発生します。

また、必要以上に大きいサイズのエアコンを使用すると「エアコンが過剰に効く」「無駄に電力を消費する」などが懸念されます。

部屋の畳数に合ったサイズのエアコンを選びましょう。


エアコンの選び方③注意点

エアコン選びの際、以下3つの点に注意しましょう。


サイズ表記

エアコンには、畳数の目安が記載されています。

たとえば、畳数の目安が「11畳~17畳」と記載されている場合、木造住宅で11畳、鉄筋住宅で17畳の条件で使用可能という意味を表します。

畳数が11畳~17畳の範囲で使用できるという意味ではないため、間違えないようにしましょう。


部屋の条件

部屋の条件によっては、エアコンのサイズを大きくする必要があります。

吹き抜けがある部屋、窓や扉が多い部屋、キッチンなどは、普通の部屋とくらべてエアコンが効きにくくなります。

部屋の条件に合わせて、大きめのエアコンを選びましょう。


煖房を使用する場合

エアコンは、冷房よりも暖房のほうが電力を消費します。

サイズを冷房の畳数に合わせると、暖房の効きが悪いという問題が発生する可能性があります。

エアコンを選ぶ場合には、暖房の畳数に合わせて選びましょう。


まとめ

エアコン購入前に確認する内容やサイズの選び方、注意点についてご紹介しました。

エアコンは室内機・室外機・コンセントを確認し、畳数に合わせたサイズ選びが必要です。

購入してから後悔しないために、ご紹介した内容を参考にエアコンを選びましょう。

 

私たちクリエイトホームズ宮城中央店は、仙台市を中心として仲介・買取りや建売分譲・土地分譲などの不動産業、注文住宅やリフォーム・リノベーションの建築業など、不動産のみならず、建築に関する実績と知識が豊富な会社をおこなっております。


住まいに関する情報で気になる点がございましたら、ぜひご相談ください。

弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓



閲覧数:28回0件のコメント

Comments


bottom of page